ちゅるちゅる事件

我が家では、冬場によく鍋をする。水炊きにゴマ味噌チャンコ、塩チャンコ、、、色んな味の

バリエーションで楽しんでいる。

色んな鍋をする中で、いつも問題になるのがマロニーとかくずきりとかうどんといったちゅるちゅるした食材の取りあいだ。

これは食い意地のはった僕と長男の戦いだけではなく、娘2人と「そんな食べ物の事でイライラしなさんな。」と普段はすましている家内も巻き込んだ家族全体での戦いだ。

でもやっぱり一番腹が立つのがお茶碗や箸や皿の準備など全くせず「晩ご飯できたよー。」

と呼ばれてもギリギリまでコタツでゆっくりしてるくせに、鍋のふたを開ける瞬間、

マロニーを取るためにいつの間にか左手に皿、右手に箸を持って待ち構えている長男だ。

何の手伝いもせんくせに、皆よりも先に箸をいれガッサーとマロニーだけを取っていく。

「お前手伝いも何もせんとって真っ先に他人の事も考えずマロニーだけそんなに取るんかい。」

あんまり腹が立つから、鍋の熱い汁わざと飛ばして動きを止めてやろうかとすら思う。

その後、鍋に箸を入れた妹達は口々に

「あーもうマロニー無くなってるやんか。〇〇ちゃん(長男)ばっかりずるいわー。」

一番下の娘は「ちゅるちゅるは?ちゅるちゅるもう無いの?」

鍋も蓋を開けたばかりで他の具材をある程度食べてから、次の具材の投入となるので

マロニーだけすぐに入れるわけにもいかない。

また、うちの長男は肉類ばかりを食べ野菜はほとんど食べない。

さっきマロニーをたくさん食べたうえに好きな物しか食べないことに腹が立って

「マロニーや肉とか好きな物ばっかり食べずに野菜も食べんかい。」

長男に小言ばかり言っている自分の小ささを感じる。

そうこうしているうちに、鍋の中の具材がだいぶ減って第2段の具材の投入だ。

もちろんマロニーもたっぷり入れた。強火にしてしばらく待つ。

待ってる間にお腹が少し痛くなってきて「ゴメン。ちょっとトイレ行ってくるわ。」

トイレでちょっと一息。

「さぁ!鍋食べるぞー。」と思って食卓に戻るとすでに鍋の蓋は開いており、

家内が箸でマロニーをガサーとさらっている。

「おいおい、ちょっと待ってよー。せっかくマロニーセッティングし直したのに。」と言うと

「そんなん、取ったもん勝ちや。」とおっしゃる。

横では娘達が「もうちゅるちゅる無いのー。私にもいれてよ。」「ママだけずるいわー。」

とまた騒いでいる。

そんな中またマロニーを取ろうとしている息子を威嚇しつつ、娘2人の皿にマロニーを入れ、

結局自分の皿に入るのはちぎれたマロニーが数本。

「くそー。僕だってマロニー食べたいのに。」

また鍋の具材が減るまで待つうちにだいぶお腹も張ってきた。そろそろ皆はシメのうどんを食べたいとの事。僕もマロニーの事はどうでもよくなってきた。

鍋の中に冷凍うどんを3玉入れ強火にし、鍋がふくのを待つ。

「僕はマロニーを食べてないからうどんはガッツリ頂くで。」と周囲にアピールしつつ鍋の蓋を取ろうとしたら、長男がまた箸を片手にスタンバってる。

「お前もうえーって。勘弁してくれや。僕はマロニーほとんど食べてないから、うどんは僕から取らせてくれやー。」

と長男に言うと、「そんなん、僕だってうどん食べたいわ。さっき2回目のマロニーはあんまり食べられへんかったし。」

この会話を聞いていた家内が

「みっともないから、やめなさい。またうどん入れたらえーやないの。」と偉そうにいうあなたがマロニーほとんど食べたからやないの、と心に思いつつ口には出せず、うどんをちゅるちゅる吸い込む真太郎先生の冬の一場面でした。

広告

ビスク鍋事件

先日の夜、いきなり家内から電話がかかってきた。
「真ちゃん、ビスク鍋の素あったよ。」
はじめは何のことか解らなかったが、数年前に無印良品の商品でビスク鍋の素というのが美味しくて大人気で手に入らない。というのをテレビの番組で紹介しており、夫婦で「おいしそうやね。今度買えたらこの鍋をやろう。」
と熱く言っていたのを思い出した。それから何度かこれを求めて無印の店に行っ
たがいつも売り切れていた。今回久しぶりに無印に寄ったらこのビスク鍋の素が置いてあったという。
「5袋あったから思わず買い占めてしまったわ。」
とのこと。かなり興奮気味の様子。家に帰ったら早速ビスク鍋をする日を三日後の木曜日の夜と決定。僕もめちゃめちゃ楽しみにしていた。

木曜日はマムの休診日で、この日は基先生が当直だったので僕は朝からフリーだった。家内はママ友と用事があるらしく昼前から出かけるとのこと。
「真ちゃん、ビスク鍋の材料任せるから、食べたい物買ってきてお鍋作っておいてよ。野菜はある物適当に切っておくから使ってね。」
「了解」
この日はゆっくりして、ゴルフの打ちっ放しでも行って昼過ぎから買い出しに行くことにした。
昼過ぎにスーパーへ食材の買い出しに。僕はスーパーやデパ地下の食品売り場が大好きだ。野菜系はそんなにテンション上がらないけど、鮮魚コーナーや精肉コーナーに入るとめちゃめちゃ幸せな気分になる。
今日は食材を自由に買って良いとのこと。
ウキウキ気分のまま まずは、ホタテ・タコはいいのをゲット。
エビは処理すんのめんどくさいから冷凍のムキエビでいいか。
イカはやっぱり外せないけど一軒目のスーパーは生のイカが置いてない。とりあえずキャベツとシメジを買って二軒目のスーパーへ。
こちらにはちゃんと生のイカが置いてあった。野菜コーナーに行ったらキノコフェアみたいなのやっている。ヒラタケ・マイタケ・エリンギ・シイタケ色んな種類のキノコをそろえ、その他色んな食材を買いそろえウキウキしながら自宅に帰り、さあ調理開始!
台所には家内が用意してくれたカットした玉ねぎと人参が置いてある。横にエビのビスク鍋の素が3袋置いてあり、それを読むと1袋に対し牛乳400ml入れ、まず玉ねぎと鶏肉を入れ なる程、なる程。
あっ!でもこの袋には白身魚がのってるけど、うちには無いわ。これはイカンといくことで、また違う近くのスーパーへ。タラの切り身とウインナーを多量に買い込んだ。帰って来てからは具材を切って鍋に投入。味見をするとやたらと美味い。エビのビスク鍋の完成。

さあ 皆が帰ってくるの待つだけ。長女は習い事から帰って来て宿題をやってる。そのうち長男がハアハア言いながら帰ってきた。
「すぐに塾行かなあかんねん。何か食べさせて。」
とのこと。
「ビスク鍋ありまーす。」
皿に具材をよそおって出すと
「何これ めっちゃうまいやん。」
「エビのビスク鍋でございまーす。」
息子の反応に気を良くした僕は机をきれいにふき、カセットコンロをセット。皿に箸とスプーンをセット。家内と次女の帰りを待った。

息子が塾に出かけていってからしばらくして家内と次女の「ただいま~」という声がした。
長女もお腹を減らしているし、早速カセットコンロの火を点火。
食事の準備を万端に整えて家内と次女が席に着くのを待った。
長男不在で4人が揃って「いただきまーす。」
長女、次女のお皿に具材をよそって、長女はむさぼるように食べている。
「うまい?うまい?」
と聞くと
「めっちゃおいしい。」
いい返事だ。次女もしっかり食べている。その横で何かモジモジしている家内にも
「皿によそおったろか?」と聞くと
「私お腹いっぱいであんまり食べられへんねん。」
「何ですと?」
「私、ママ友とお昼大阪に出来たステーキ店行って来てん。肉がまだ胃に残ってるねん。」
(おいおいちょっと待てよ。あんだけビスク鍋、ビスク鍋言うとってそれはないんちゃうか?僕の中で燃えあがってたビスク鍋に対する熱い気持ちはどないしたらええねん)て言いたかったけど「そうなん。」と軽く流し、少しシュンとなりながら、娘達とムシャムシャ美味しく鍋をたいらげ落ち着いたところで
「ところで今日の鍋の材料費なんですけど。」
と3枚のレシートを家内に手渡すと
「え~なんでこんなに買ってんのよー。だいたいカキなんか食べるの真ちゃんだけやんかー。半分にしてよ。」
「おいおいちょっと待て。鍋の具材に関してはすべて任せるとおっしゃってたではないですか!だから皆が喜ぶだけの食材を厳選し買うてきたのに。それはないんちゃうか?鍋の情熱は冷まされ、材料費は値切られ、ほんま気分悪いわ。」とも言えず、なんかモンモンとしていた、家では本当に立場の弱い真太郎先生のお話でした。

🌼ひまわり🌼つづき

最後のひまわり、やっと咲きました!

5月末に種を植え、何度かの大雨の為にやっと9月末頃に咲きそろったマムのひまわり達。そのひまわり達が枯れてしまった後、一人だけ残っていた最後のひまわりがやっと咲きました。

”太一君”って言います。けっこう茎は太く、たくましく花を咲かせた太一君は、間もなく11月と言う寒くなった季節でも、きれいな黄色の花びらを輝かせながら皆さんをお待ちしています。太一君が枯れてしまったら、そろそろクリスマスの飾りつけかな。