春の掃除事件🌸

僕の自宅の前には、道をはさんで公園がある。

桜がきれいなんだが、花見のシーズンになると桜の花びらがいっぱい飛んでくるし、花見客のものかペットボトルやコンビニのおにぎりの包み紙などのゴミも結構、飛んでくる。だから、この桜の季節と落ち葉の季節は、家の前の側溝にはゴミがたまって大変だ。

先日の休日に、はりきって家の前の側溝を掃除しようと思い、コーナ〇で軍手と小さな鉄の熊手みたいなものを買い、大きな燃えるゴミ袋を準備し、いざ、側溝の掃除へ。

側溝には、2-3mの鉄のアミアミの蓋がついており、取り外せる部分とガッチリとくっついて取り外せない部分がある。まずは、鉄のアミアミの無い場所から、大きなゴミを手で拾って、鉄の熊手でゴミや花びらをかき集つめる。そして、鉄のアミアミのはずせる部分をはずして出来る範囲を熊手でかいて、ゴミを取り出したが、どうしても鉄のアミアミの下で届かない部分がある。アミアミの下、側溝の中にもぐり込もうとしたが、大人の体ではとても入れない。しかも入れない場所が一番下流でゴミのたまりやすい場所だ。これは、何とかしないといけない。とりあえず長男を呼ぼう。

「おーい〇〇、ちょっと掃除手伝ってー。」

「えーよ。」いい返事と共に息子が出てきた。

「…こういう理由で僕が入れないから頼むわ。」と言うと

「解った。」と軍手をはめて戦闘モードに入るも、太っていて側溝の中で身動きが取れない。

「えーうそやろ。お前はそこまで肥えてしまったんか。」と思いながら3分で退場。

「お疲れ様でしたー。」

次いで長女を呼ぶも遊びで手が離せないので嫌だとのこと。最後に次女を呼ぶと嬉しそうに

「私、こんなん好きやねん。」と言いながら、鉄の熊手を持って側溝の奥の方に楽々と入っていく。手の届かない一番最下流までいって熊手でどんどんゴミをかき出してくる。

「ウォーすげーっ△△(次女)すごいなー。本当に助かるわ。」と言う僕の言葉に気を良くして

「私、こんなん好きやねん。」と言いながら、どんどん上流の方まで熊手で攻め出した。

「もう、えーで。もう、えーで、有難う。助かったわ。」と言っても楽しくなってしまってまったくやめようとしない。そのうち、隣の家の側溝まで掃除しはじめた。

<それは、隣の人の家の領分やから、やらんでいいよ。>とも言えず。次女は今度は上流からこちらに向かって溝に捨ててあったペットボトルやらビニール袋やらゴミをどんどん運んでくる。

「もう、本当にえーで。有難う。ほんまに有難う。」とSTOPをかけようとしていたら公園で遊んでいた次女の同級生が5人ぐらい。次女に

「何してんの?」と声をかけてきた。

<これはまずい>と思ったが

「溝の掃除してんねん。」と得意げにしゃべる次女に、子供達が

「オレ達も手伝うわ。」と言いながら側溝に入り出した。

「うわー最悪や。」と思ったが手に手に子供達はゴミを集めて持ってくる完全に隣のその隣あたりからもゴミを持ってくる。

「もー危ないからやめよー。ほんまに有難う。もう、ほんまにやめて。」とようやくSTOPをかけたら、家の前には、ゴミがどっちゃり。子供達は、公園の方にすぐにかけ去っていった。たまったゴミを目の前に呆然としていたら、様子を見に来た家内に

「ちゃんと仕分けしてゴミ捨ててよ。」と言われ、ハッと我に返り軍手をはめ直す真太郎先生でした。

広告

子供や孫との楽しい絵本の思い出(5)

「ゆうたはともだち」ゆうたくんちのいばりいぬ1

きたやまようこ作   あかね書房

孫に読んであげても全く反応がなかった絵本ですが…。

最近、私はテーブルにこの本を置いて開いては一人笑いしている本です。

読んで一人笑いし、またすぐ開いて笑っています。

いつまで笑えるのかしら?

感性は各々違うのでみなさまはいかがでしょうか?

図書館で見つけて、すぐ買いました。

マムのおやつガール

 

体重計事件

僕の長男は、わりと肥満児だ。運動が嫌いのようだし、学校から帰ってきたら、おやつでポテトチップス1袋をまるまる空けてコタツにこもり、テレビを見てやがる。

現在、身長153cmに対し体重も53kgくらいある。

「ちょっとやせる為におやつ、やめて運動くらいしたらどないや。」と僕が言うと「真ちゃん(僕の事)だって太ってるやないの。」とか

「クラスに僕より太ってる〇〇〇って子がおるから、僕は大丈夫や。」とか太っている子にありがちな言い訳をする。そんな言葉を聞くと

「このものぐさ豚野郎。」と腹がたつ。僕の家の体重計が壊れて量れないことをいいことにどんどん育ってやがる。僕の息子をイケメンにする計画はもう既に夢となりつつある。これは、いかん。長男になんとか自覚させねばと思っていた。

先日、家族で長嶋スパーランドに1泊2日で旅行に行ってきた。1日、絶叫系の乗り物に乗りまくり、食事の後、息子と二人で男湯に向かった。脱衣場でスッポンポンになり、息子が

「体重、量っとこう。」と言うので後ろから付いていき、息子が体重計に乗った瞬間、後ろから見つからんように右足の親指を体重計に乗せて加重をかけて

「どないなん?」ってのぞき込んだら、息子が

「ヒャー」と聞いたことのない叫び声をあげて

「60kgまで増えてる。この間、えっちゃん(僕の母親)の所で量ったら53kgやったのに。」とブツブツ言っている。

「お前、毎日ポテチ食って、コタツでテレビ見とったらそうなるで。」よしよしと思っていると「この体重計壊れとんちゃうかな。もう一回量ってみるわ。」再び息子が体重計に乗った瞬間、また後ろから右足の親指に加重をそーっとかけて「どないなん?」とのぞき込むと

「あーあ、やっぱり60kgあるわ、どうしよう」と本気で落ち込んでいる。「しゃーないな、まず、おやつ食べるのをやめることやで、それと中学に入ったらなんか運動のクラブに入って頑張れよ」と言うと

「解った、ちょっとこれやばいわ。」とかなり落ち込んだ様子。子供って純粋やなーと心で笑いながら息子とゆっくり露店風呂やジャグジーに入ってから出た。風呂から上がった後、脱衣場では、息子をできるだけ体重計に近づけないようにしながらそそくさと茶店に向かった。茶店に入り、娘たちが出てくるのを待つ間、

「何か食べるか?飲む?」と聞くといつもはアイスクリームとかサイダーと言うのに

「僕はウーロン茶にしとくわ。」との事。よしよしと思いながらこの話を早く家内にしたくてうずうずしてた。家内と娘たちが風呂からあがって皆でホテルの部屋に帰るときに長男のいない隙に家内にこの話をすると家内も一言

「チャンスや」との事。小学生のような夫婦やと思いながら、この日は疲れて皆早く就寝となった。翌日も朝から乗り物三昧、最近回転系の乗り物に酔うようになってきた。自分に年を感じながら一日遊んだ。遊んだ後、食事をして風呂だけ入って帰ろうという事になり、また息子とふたりで男湯の脱衣場へ。僕が疲れてゆっくりと洋服を脱いでいると先に服を脱いだ息子が体重計の方に向かっている。これはヤバいと思ってダッシュで駆け寄り息子の後ろから体重計にまた、右足で加重をかけたら急いでいたものやからコントロールが出来ず、表示をのぞき込み、

「どない?」

「うわーっ!66kgもある。やっぱりこの体重計、壊れてるで。」

「うそーっ、それやったらもう一回降りて量りなおしてみ」と僕が言うと息子はそれに従いもう一度量り直した。もちろん僕は後ろから加重をかけて60kgぐらいに調整しながら

「どない?」と聞くとやっぱり60kgや。

「ホンマ、いつの間にこんなに太ったんやろ」息子はその後、暫くおやつも食べず節制し、顔も心なしか、少しほっそりしだした頃、僕が仕事を終えて家に帰るとなんか大騒ぎしている。

「どないしたん?」長女が半泣きになりながら

「〇〇ちゃん(長男)が、私のジャガリコ全部、勝手に食べてん。」

「あれー?お前(長男)ダイエットする言うて、お菓子食べへん事にしとったんちゃうの?」と僕が聞くと

「昨日、えっちゃんの家(僕の実家)にいって体重、量ったら52kgまで減ってたから、ダイエット終了してん。」との事。

「このものぐさ豚野郎」と思いながら、僕も含めて、結局、太っている人間って何だかんだと言い訳つけて、痩せるのは難しんだろうなと残念に思った、真太郎先生でした。

マムのイルミネーション☆さくら☆

春はさくらですねー。

花見は、できましたか?

今年はお花見の期間が短かったような気がします。

花は毎日、成長するからきれいですね。

 

 

夜見る桜は、また違いますよね。

 

 

 

 

これも夜桜なんですけどね。