<豆まき事件👹>

2月3日の節分には、必ず、我が家では豆まきをやることにしている。

5~6年前、子供達が小さい頃には、鬼に扮した僕を見て子供達が泣き叫び、逃げていく姿を見て喜んでいたのだが、最近、子供達は鬼が僕であることを知っているし、体も大きくなってきているので、投げてくる豆が痛い。

鬼のくせに

「ガオーッ」と言うよりほとんど「痛ッ。痛ッ。」としか言ってない。

それでも寒い夜に上半身裸で、トラ柄のパンツ履いて頑張っている自分は偉いと思う。

おまけに掃除が面倒だから…という事で家内の方から一人あたり豆10粒と制限されており、一球一球に魂がこめられているので当たると本気で痛い。

終わった後、子供達は自分の年の数だけ豆を食べ、さっさとテレビを見たり、遊んだりするので、豆を当てられて痛い思いをした鬼が裸のまま、家内に怒られないように残りの落ちた豆を拾い集めている姿に何か、もの悲しさを感じるし、自分でも笑えてくる。

2~3年前、節分前日にトラ皮のパンツを買いに百均やドンキホーテを5~6件回ったが売り切れだったのでこっそり、家内のヒョウ柄のパンツをはいて、

玄関から「ガオーッ」と登場したことがある。子供達には、めちゃめちゃうけていたけど、

家内はひたすら「伸びる、伸びるから脱いでー。」と叫び本気で怒っていた。

豆まきが終わった後、一人で豆を片づけてる僕に

家内が「だいたいヒョウ柄のパンツがあること知ってるし、ある場所知っている事がキモいねん。」と言われ、

「いやーちゃうねん。どれだけ探してもトラ柄のパンツ売り切れとってん。来年はちゃんと虎柄のパンツ買ってくるから許して。」と答え、

次の年、ドンキホーテで1月中旬にちゃんとトラ柄のパンツを購入。

そのパンツは、1年に1回の出番の為、僕のタンスの中で普段は眠っている。

マムクリニック 上田 真太郎

 

マム☆節分

img_1314

 

img_1313

 2月3日は、節分の日です。

節分とは、季節を分けると言う意味合いがあって、立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。

恵方巻きを食べるのは、福を巻き込んで。cimg9770

丸かぶりにするのは、縁が切れないようにするためだそうです。

マムでも巻きずしをご用意させて頂きました。

皆さんも願い事思い描きながら、恵方巻き召し上がられましたでしょうか?