<端午の節句>

初節句を迎えるお子さんをお持ちのお母様

五月人形や兜を飾って子供の成長を祈りお祝いをされたことと思います。

端午の節句では柏餅とちまきを頂く風習がありますが、それぞれに由来があります。柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから家督が絶えないことの象徴とされ、子孫繁栄の縁起をかつぎ、端午の節句で柏餅を食べる様になったそうです。又、ちまきは中国から伝わった習慣で難をさける意味があるそうです。

マムクリニックでは、柏餅と竹の皮に包み蒸した中華ちまきをご用意しました。

子どもの日のお食事、楽しんで頂けたでしょうか?2016-05-05-16-55-01

お子さまたちが、五月晴れの蒼き空を泳ぐ、こいのぼりの様にのびのびと成長されますように…。

                      マムキッチン💛