☆マムっこ うんどうかい☆

P1060998平成28年5月15日 日曜日

第28回 マムクリニック運動会を開催致しました。

青空の下、たくさんのチビッ子達が遊びに来てくれました。

皆、笑顔いっぱい頑張りました。P1060980

お父さんとお母さん達も綱引きや縄飛びを本気で頑張っている姿がおもしろかったです。P1070074

参加した皆さん、日焼けしすぎで痛くなかったでしょうか?楽しかったですね。

                     上田 真太郎


広告

<端午の節句>

初節句を迎えるお子さんをお持ちのお母様

五月人形や兜を飾って子供の成長を祈りお祝いをされたことと思います。

端午の節句では柏餅とちまきを頂く風習がありますが、それぞれに由来があります。柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないことから家督が絶えないことの象徴とされ、子孫繁栄の縁起をかつぎ、端午の節句で柏餅を食べる様になったそうです。又、ちまきは中国から伝わった習慣で難をさける意味があるそうです。

マムクリニックでは、柏餅と竹の皮に包み蒸した中華ちまきをご用意しました。

子どもの日のお食事、楽しんで頂けたでしょうか?2016-05-05-16-55-01

お子さまたちが、五月晴れの蒼き空を泳ぐ、こいのぼりの様にのびのびと成長されますように…。

                      マムキッチン💛

産婦人科医の特技

僕たち産婦人科医は、患者さん達によく聞かれることがある。

「先生いつ寝てるんですか?お休みは、あるんですか?」

確かにお産があるから、なかなか長期間休むことは出来ないが、父親(基先生)がいてくれるので、月1~2回の土日は家族で過ごすことは出来る。父親が働いてくれる間は月1~2回の休みは、保証されていると思っている。

寝ることに関して言えば、当直中、入院や外来、お産があれば、起きなければいけないから長時間ぶっ通しで寝ることは難しい。でも産科医(お産をする医者)は必ずと言っていい程、皆すぐ寝れる。

僕は、横になったら多分3分以内で夢の国に行ける。疲れてたら30秒もいらないこともある。これは産婦人科医になった時から身につけてる特技だ。だから外来が終わってお産までに2~3時間空くと思ったら1時間昼寝をすることもしばしばだ。

昼過ぎの産前教室で寝ぐせがついて眼が血走ってたら、「あの先生、今まで寝ていたな」と思って頂いてまず間違いない。また僕が疲れて3階に上がるとよく父親がソファーで口を開けて気持ち良さそうに寝ている。もちろん父親も僕と同じこの特技を身につけている大先輩だ。

だから、皆さんが思っている程、僕たちは寝ていないわけではありません。

ご心配なく。

ーというお話しでした。

上田 真太郎